HANAオーガニックの化粧品を使って肌本来の潤いを感じました

 

HANAオーガニックの化粧品を使い始めた頃、物足りなさを感じていました。

 

普通、化粧品と乳液をつけた後って肌になにか塗ってあるなーと思える状態だったんですよね。

 

この乳液使い心地サッパリ!なんて思っててもHANAオーガニックに比べれば肌に何かを塗っているべたつきの様なものを感じていたんです。
でもこのHANAオーガニックは乳液を多めに使ってもベタベタすることがなくて、
肌に何かを塗ってるっていう感じがしなかったんです。

 

ただ、ムーンナイトミルクをぬると薔薇のいい匂いがするので、コロンをつけてるような感じ。
コロンをつけた時もそんなにべたつかないじゃないですか。
そのくらいの付け心地なので、本当に物足りない感じがしてたんですけど、HANAオーガニックはそれが良い状態であると言っていたので使い続ければ慣れてくるという言葉を信じて使い続けてみました。

 

 

そこで、わかったことなんですが。

 

私は今まで本来の潤いの状態というものを忘れていたんだと気付いたんです。

 

 

子供の頃の肌って触るとすべすべしてるじゃないですか。
でも大人になるとすべすべというよりも、ここがカサついてる、ここがべたついてる、って両極端なんですよね。
脂っぽい部分と乾燥している部分がある、そんな状態です。

 

だけど、ムーンナイトミルクを使って、子供の頃のすべすべした肌の状態になる日が何回かあって
(生理前や夜更かしした時などのコンディションが悪い時は脂っぽくなったりカサついたりしてましたけど)

 

その時に、潤い肌ってすべすべ肌のことな気がする……
って思ったんです。

 

 

ムーンナイトミルク以外の乳液は、まさに油で蓋をするといった感じでしたが、私はその乳液を塗った状態が潤っている状態だと思っていたんです。
ちょっとベタベタしてるくらいがいいんだと。

 

でもムーンナイトミルクを使い続けて肌の奥がうるおって弾力が出来、表面がすべすべの肌になっている状態こそが本来の潤いであるとわかったんです。

 

ムーンナイトミルクはそんな状態の肌にしてくれたので、もう感動しました。
ムーンナイトミルクには美白効果も期待できるのですが、私はそっちよりもこちらのうるすべ肌に感動を覚えました。

 

本来の肌の力を引き出すのがHANAオーガニックの化粧品のコンセプトです。
みなさんにこのような効果が出るとは言い切れませんし、私もこれだけが原因なのかはわかりませんが、
HANAオーガニックのムーンナイトミルクの乳液の使い心地が一番肌を良い状態にしてくれてる…と思うので、
他の化粧品が金銭的で買えなくても、ムーンナイトミルクだけは手放せないな〜と思います。

 

なによりいい匂いですからね(*^_^*)

 

2013年の8月から使い続け、現在2014年の10月、リピート使いしている私の感想を書かせていただきました。

 

HANAオーガニックキャンペーン情報
HANAオーガニック初回1000円モニター募集ページ
フローラルドロップとムーンナイトミルクの本品が1,000円で試せるお得なキャンペーン!
HANAオーガニックトライアルセット